ホームセンターの店員が暮らしの悩みをズバッと解決!注目アイテムの詳細比較もお任せあれ!

リビング収納家具のおすすめ!

注目商品!

リビング収納家具のおすすめ!メーカーで比較!

リビング収納家具のおすすめ!メーカーで比較!

主な収納家具メーカー

アイリスオーヤマ

天馬(TENMA)

サンカ(SANKA)


各社のおすすめリビングチェストに注目!

アイリスオーヤマ

家電・家具・園芸用品・家庭用品など幅広い分野で商品開発を行うメーカーで、扱う商品の多くは低価格で求めやすい価格帯というのも特徴的です。

収納家具においては、特にHGチェストシリーズが絶大な支持を得ており、現在までの累計販売台数が700万台を超えた人気シリーズとなっています。支持される理由は、「安さ」「カスタマイズのしやすさ」といったところでしょう。

「安さ」に関しては言わずもがな、ですね。コストパフォーマンスは素晴らしいです。さすがはアイリスオーヤマと言ったところです。ちなみにネットで買った方が量販店での価格よりも若干安いようです。

「カスタマイズのしやすさ」というのは、必要に応じて段数を調整することができるという点です。天板を外せば接続できるようになっているので、幅と奥行きのサイズが同じ同シリーズのチェストを選べば段数を増やせます。引越しなどで住む場所が変わったりした際にとても便利です。

収納家具の分野でアイリスオーヤマは人気No.1です。

>>アイリスオーヤマのチェストの詳細情報を読む


【アイリスオーヤマのチェストシリーズ】


天馬(TENMA)

収納用品を中心とした商品開発・販売を行っている企業で知られています。代表商品は収納ケースのフィッツ(Fits)シリーズで、アイリスオーヤマに負けず劣らずのラインナップを揃えています。

代表アイテムは「フィッツプラス」で、アイリスオーヤマとはまた違った機能が付いており、差別化が図られています。特筆すべき機能は、引出しに簡易ロックが付いており、不意な引出しの飛び出しや子供のいたずらを防止することができます。また、アイリスオーヤマのチェストは側面・背面に壁が無く、引出しがむき出しになっているのに対し、天馬のフィッツは側面・背面に壁が付いていおり、埃の侵入をガードしてくれます。

価格帯では、若干アイリスオーヤマよりも高いですが、気になるほどの価格差があるわけではないので、機能性の違いやデザインの好みで選ぶのも一つの手かと思います。

チェストにおいては、アイリスオーヤマと天馬がシェアを大きく占めています。

>>天馬(TENMA)のチェストの詳細情報を読む


【天馬のチェストシリーズ】


サンカ(SANKA)

オリジナルブランド「squ+(スキュウプラス)」でインテリア商品を展開しており、デザイン性・機能性に優れた商品を求めやすい価格で出しています。チェストでは「ルームス(Room's)シリーズ」が人気で同シリーズの累計売上台数は120万台を超えています。鏡面仕上げのスタイリッシュなデザインが人気の要因となってるのでしょう。

>>サンカ(SANKA)のチェストの詳細情報を読む


【サンカのチェストシリーズ】