ホームセンターの店員が暮らしの悩みをズバッと解決!注目アイテムの詳細比較もお任せあれ!

低周波治療器でコリ・痛みを改善!

注目商品!

低周波治療器の効果とは?ポンプ作用で血行促進!

低周波治療器の効果とは?ポンプ作用で血行促進!

低周波治療器の治療とは?

低周波治療器での治療方法は、人間の身体がもともと持っている生体電気を上手に利用した電気治療のひとつです。

私たちの身体は様々なところから生体電気と呼ばれる微弱な電気を発生させ、身体を正常に機能させています。生体電気の異常すなわち身体の異常となってあらわれるのがコリや痛みです。

低周波治療器は外部から身体に電気的な刺激を与え、生体電気の異常を改善し、コリや痛みの治療を行います。


低周波治療の仕組み

外部から低周波電流を筋肉に与えることで、筋肉が収縮弛緩を繰り返し、筋肉のポンプ作用が働きます。筋肉のポンプによって血行が促進され、血液の流れが良くなります。血行が悪いことがコリや痛みの原因となっているのであれば、低周波治療器を使用することで症状の改善が見込めるでしょう。

また、痛みのある部位に低周波電流を流すと、痛みを伝達する機能に働きかけて、痛みの感覚を緩和してくれると言われています。


周波数によって効果が異なる!

周波数とは?

電気振動などの現象が、1秒当たりに繰り返される回数のことをヘルツ(Hz)という単位で表されます。低周波治療器で言えば、身体に対して1秒当たりに与える電気刺激の回数のことを言い、使用される周波数は1Hz~1200Hz程度です。

周波数によって身体に与える効果に違いが出るため、低周波治療器を使用するときには覚えておくと良いでしょう。


低い周波数の効果

慢性痛やコリ・しびれの症状改善に効果的で、痛みを抑制させる物質を分泌させたり、血行促進させる効果があるとされています。

ただし、周波数が低いと皮膚抵抗が大きくなるため、強さのボリュームを上げていくとピリピリとした痛みを感じることがあります。


高い周波数の効果

急性痛に有効で、低い周波数に比べて痛みの伝達を即効的に遮断する効果があるとされています。皮膚抵抗は周波数が高くなれば小さくなるため、ピリピリ感は小さくなりますが、電流量を多くするには限界が出てきます。


長時間の治療は逆効果!

過度な治療は筋肉疲労を招く

長い治療時間や強すぎる刺激は筋肉疲労を招き、逆効果となります。身体を癒したくて低周波治療器を使っているのに、筋肉疲労を起こしてしまっては元も子もありませんね。

気持ちが良いからといって、使いすぎるのはやめましょう。それぞれの低周波治療器には推奨の連続使用時間がありますので、その時間を超えての同一箇所での使用は避けましょう。